2019年6月7日金曜日

コミックマーケット(C96)出店します。& 御礼


コミックマーケット96、無事終了しました。
暑い中、当スペースにご足労くださった方々、お買い上げくださった方々に御礼申し上げます。

次回は文学フリマ大阪(9月8日)に出店参加の予定です。
(2109年8月13日 追記)

------------

夏のコミックマーケット、
「Studio120」は、月曜日 西地区“く”ブロック-30a に配置されました。 
夏コミ新刊は「ロシア帝国海軍(第1章−第9章)」の予定です。Fred. T. Janeが1899年(明治32年)に出版したロシア海軍の解説書“The Imperial Russian Navy”の最初の四分の一くらい(ロシア海軍の起原から1877年まで)を翻訳したものです。

2019年3月31日日曜日

文学フリマ東京(5/6) 出店のお知らせ&お礼

*** 2019/05/06 追記 ***
文学フリマ東京、無事終了しました。
当スペースにご足労くださった方々、お買い上げくださった方々にお礼申し上げます。
一部用意した冊数が不足しておりまして申し訳ございませんでした。

次回は(当選すれば)8月のコミックマーケットに出店の予定です。

******

下記の通り、第二十八回文学フリマ東京にサークル「Studio120」として出店します。
ご来場の際には当スペースにもお立ち寄りいただけますと幸いです。

開催日 2019年5月6日(月祝)
会場   東京流通センター 第一展示場(東京都大田区)※第二展示場から変更
アクセス 東京モノレール「流通センター」駅徒歩1分

ブース位置 : タ-45 (A〜Dホール)
カテゴリ   : 小説|海外文学・翻訳

2019年1月5日土曜日

第三回文学フリマ京都出店のお知らせ(1/20)

下記のとおり、第三回文学フリマ京都に出店参加します。

 開催日時 2019年01月20日(日) 11:00〜16:00
 会場:京都市勧業館みやこめっせ 1F第二展示場C・D面(京都市・岡崎)
 出店スペース:か - 42

「日露戦争における日本海軍の医務衛生の特徴に関する報告書〔全巻〕」の他、海軍関係の訳出本、およびモーガン・ロバートソンの海洋短編小説の翻訳を持って参ります。


あけましておめでとうございます

C95で当スペースにお越しくださった方々、お買い上げくださった方々に御礼申し上げます。
完売してしまった既刊についても、再版を検討したいと思います。

本年も宜しくお願い申し上げます。

八坂八郎

2018年12月30日日曜日

C95お品書き

直前の告知で申し訳ありません。C95のお品書きです。
ご来場の際には当スペースにもお立ち寄りいただけますと幸いです。

 日時:2018年12月31日(月曜日)10:00 ~ 16:00
  ※都合により15時過ぎに撤収するかもしれません。
 会場:東京国際展示場(東京ビッグサイト)
 配置場所:西2ホール “つ”ブロック-06b
 サークル名:Studio120

新刊
 日露戦争における日本海軍の医務衛生の特徴に関する報告書〔全巻〕
 (日露戦争中に日本を訪れて日本海軍の医務衛生を調査した米海軍軍医の報告書の訳)

既刊(海軍関係)
 東郷とともに 上巻(英国人従軍画家の日本海軍従軍記録)
 東郷とともに 下巻

 日本帝国海軍 1〜4巻(ジェーンによる日本海軍の解説書」)

 軍艦のしくみ 1〜4巻(英海軍機関士による1890年ころの軍艦の解説書)

既刊(モーガン・ロバートソンの海洋短編小説)
 愚行、あるいはタイタンの遭難(タイタニック号遭難を予言したかといわれる小説)

 スペクトルのむこうに(日米開戦を描いた架空戦記)

 ノアの箱船(珍獣・猛獣を満載した帆船で繰り広げられる動物頂上決戦)

 暗闇と深淵より(1883年のクラカトア火山の噴火による津波で行動不能になった帆船を襲う海底生物の恐怖を描いた小説)

 原始(珊瑚礁に囲まれた無人島に漂着した幼い少年少女の成長と出会いを描いた小説)

 三つの法則と黄金律(「原始」の続編)

 戦艦の頭脳(大海戦を前に死が確実な部署に配置された酔っ払い水兵の運命は? 米西戦争の風刺作品)

2018年11月27日火曜日

お礼(第27回文学フリマ東京)と次回出店のお知らせ

事後になりまして申し訳ございませんが、
11月25日の文学フリマ東京で当スペースにご足労くださった方々、お買い上げくださった方々にお礼申し上げます。
ありがとうございました。

次回出店は12月31日(月)のコミックマーケットになります。
スペースは「西2ホール つ—06b」です。

2018年9月11日火曜日

お礼(文学フリマ大阪)

9月9日の文学フリマ大阪、出店してまいりました。
当スペースにご足労くださった方々、お買い上げくださった方々に御礼申し上げます。
次回の出店は、第二十七回文学フリマ東京 (2018/11/25)の予定です。